読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味・企画とか何か?

ボーイスカウトとか映画、アニメ、登山とか

カールじいさんの空飛ぶ家

ボーイスカウト

ボーイスカウト関係者に見てもらいたい映画・アニメ

カールじいさんの空飛ぶ家

対象:ビーバー ~ カブスカウト(小学生年代)

www.youtube.com

 

あらすじ

 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発する。 (シネマトゥデイより)

 

トイストーリから始まるピクサー作品は常に子供と一緒に安心して見れる作品である。おもちゃ、昆虫、熱帯魚、(ちょっとかわいい)モンスター、ヒーロー、クルマなど子供が好きなテーマを中心とした作品がある。

それに比べて、カールじいさんの空飛ぶ家の主人公は「変わり者のおじいさん」であり、他の作品と比べても異質である。確かに、映画を見る前はとっかかりにくそうに思ったが、映画が進むにつれてまさにピクサーの作品の面白さを感じることができた。この作品は今までにない時間的、空間的に大きく広がる物語にもなり、人生の尊さを考えさせられる物語でもある。

カールじいさんと一緒に冒険の旅に出る少年ラッセルは自然探検隊の隊員であり、最後の一つである「お年寄りのお手伝いバッジ」を手に入れるためにカールじいさんの家を訪問する。明示されているわけではないが、ボーイスカウトがモデルにされ、8歳という年齢からビーバースカウトカブスカウトぐらいだと考えられる。

ボーイスカウトではバッチを使った進級制度を採用している。しかし、単に集めるという事が重要ではなく、そのバッチを得るために経験したことが、今後の人生の糧になる。このカールじいさんの空飛ぶ家の少年ラッセルはお年寄りのお手伝いバッジ」を手に入れるための冒険で、どういう成長をしてくれるのか注目してください。